スクーデリアオクムラは、1994年からバイク用サスペンションのメンテナンスとチューニングを行う専門店として活動しています。

 サスペンションはバイクが走るために欠かせない重要なパーツであり、サスペンション次第でバイクは楽しくも危険にもなります。また、乗り手に合わせてサスペンションのセッティングを行えば、バイクは本来持つ性能をいかんなく発揮します。しかし、定期的なメンテナンスを怠れば、その性能は気がつかないうちに低下していきます。

 レースの世界のトップを走るファクトリーマシンでは、長い時間をかけてサスペンションをセットアップしていき、場合によっては走行ごとに分解してメンテナンスを行っています。しかし一般の世界では、サスペンションはまったくのノーケアに近い状態、あるいは細かなアジャストができるのに乗り手に合ったセッティングがされていない状態です。

 私たちがお手伝いしたいのは、お客さまに快適な、満足いただけるサスペンションを提供すること。スクーデリアオクムラではワークスチームと変わらないファクトリーレベルの技術を用いてお客さまのバイクのサスペンションを常に完璧な状態にし、その上でお客さまひとりひとりに合わせたセットアップを行います。これまでトップエンドのレースを戦うプロフェッショナルとして培ってきた経験を、より一般の多くの方に提供したい。

 我々はそんな思いを胸に、専門の施設を整え、専門のメカニックによってメンテナンス、チューニングを行ってきました。現在では、あらゆるメーカー・車種のサスペンションを年間2000本以上手がけています。もちろん、作業のひとつひとつに妥協しない、ファクトリーレベルの仕事を行っています。


代表取締役
奥村 裕(おくむらひろし)

1960年5月9日生まれ。愛知県出身。17歳でレース活動を開始し、全日本ロードレース125ccクラスでノービス、国際B級として成績を残した後に国際A級昇格。1984年にヤマハのファクトリーライダーとして1984年の全日本ロードレース250ccクラス・ランキング3位を獲得。1988年からはホンダのファクトリーライダーとして活躍。1991年に現役引退後も、全日本500cc選手権や鈴鹿8耐に監督として関わる。そして1994年から、国内唯一のサスペンション専門ショップとして活動を開始し、現在に至る。
NSR250で全日本に参戦していた頃の奥村裕。レースの現場で鍛え上げたバイクへの造詣の深さは現在の業務でもいかんなく発揮され、幅広いライダーから支持されている

チーフメカニック
奥村芳人(おくむらよしと)

奥村裕の甥にあたる芳人は、高校時代からスクーデリアオクムラでアルバイトを始め、すでにキャリアは10年以上。多くの経験と技術を積んでいます。
メカニック
織田直樹(おだなおき)

スクーデリアオクムラで長い経験を積むメカニックの織田は、高い技術だけでなく、バイクを仕上げる上で大切なソフト面のセンスも高いレベルにあります。

社 名 有限会社 スクーデリアオクムラ
代表者 代表取締役 奥村裕
住 所 〒462-0063 愛知県名古屋市北区丸新町370
TEL 052-902-3095
FAX 052-902-2911
設 立 1990年3月1日
資本金 3,000,000円
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行
主要業務 二輪車用サスペンションメンテナンス、チューニング
二輪車用サスペンション輸入、販売
二輪車用備品製造、販売
主要取引先 株式会社ショーワ
PENSKE RACING SHOCKS

有限会社 スクーデリアオクムラ
〒462-0063 愛知県名古屋市北区丸新町370
TEL.052-902-3095 FAX.052-902-2911
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週日曜日

詳細地図はコチラ

copyright(C)2008 SCUDERIA OKUMURA All right reserved.